地方創生SDGs官民連携プラットフォーム 分科会活動のご報告

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム「メディシェフを通じた食育推進分科会」として、令和2年8月6日(木)14:00〜16:00に会議を実施いたしました。

コロナウイルス感染症対策として、「入り口での消毒・検温・名簿の記載」「マスクを着用」「ソーシャルディスタンスを保った会議室レイアウト」「換気」を徹底し、オンラインで静岡・姫路を繋いで実施いたしました。

第2回となる今回は、「健康食が儲かる仕組みをつくる為には」というテーマをもとに、それぞれの会場に別れてディスカッションを行いました。

様々な業種の方々にお集まりいただいたため、各会場で議論の視点が異なり、今後の活動につなげることが出来る非常にたくさんの示唆を得ることが出来た回となりました。

引き続き、「メディシェフを通じた食育推進分科会」を通じて、SDGsの取組を実施して参ります。

▼参考リンク (内閣府 地方創生推進室 Webサイト)
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
メディシェフを通じた食育推進分科会

メディシェフが「健康」のお手伝いをします

・企業・組織の「健康経営」
・食事業者への「健康食開発」

食のネクストスタンダードとなるメディシェフが、皆様の「健康」のお手伝いをさせていただきます。

健康経営を目指したい、健康経営のパートナーとなりたい等、少しでもご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。